ひょうご経済プラスTOP 経済 そごう神戸店が「神戸阪急」に 2019年10月1日に変更

経済

そごう神戸店が「神戸阪急」に 2019年10月1日に変更

2018.09.27
  • 印刷
来年10月に「神戸阪急」に改称されるそごう神戸店=神戸市中央区小野柄通8

来年10月に「神戸阪急」に改称されるそごう神戸店=神戸市中央区小野柄通8

 阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングは27日、そごう神戸店(神戸市中央区)の名称を、2019年10月1日に「神戸阪急」に切り替えると発表した。同店が神戸・元町から現在地に移転して今年で85年。地元ファンに長年親しまれてきた「そごう」の屋号が三宮から消える。

 阪急阪神百貨店は、来月から約1年かけて、同店の本館地下1階の食品フロアを大規模改装することを明らかにした。第1弾として来月末に洋菓子売り場を刷新する。

 屋号変更はグループ内の事業再編に伴うもので、同店の運営をH2O子会社のH2Oアセットマネジメント(大阪市)から阪急阪神百貨店に移す。同様に、西武高槻店(大阪府高槻市)も「高槻阪急」に改称する。

 阪急阪神百貨店の荒木直也社長は27日、「阪神」でなく「阪急」に切り替える理由について「阪神は地域密着型で、阪急は広域型の店舗。梅田本店を核として関西の商圏を広げるには阪急の屋号がベター」と強調。「(そごう神戸店の)強みである食品を大事にしながら、新鮮で変化に富んだ店づくりを進める。ターミナル百貨店としての存在感を高めたい」と語った。

 そごう神戸店は、1933(昭和8)年に三宮に進出。71年に大丸神戸店(神戸市中央区)を抜いて「地域1番店」となったが、阪神・淡路大震災後、同店に1番店を奪い返された。

 H2Oはそごう神戸店を取得した昨年10月以降も、地元住民らの愛着が強いことから、外商も含めた顧客離れを防ぐために人員体制を維持した上で「当面は『そごう』の屋号で営業を続ける」としていた。(三島大一郎)