ひょうご経済プラスTOP 経済 菓子メーカーのブルボン 神院大生と新チーズケーキ共同開発

経済

菓子メーカーのブルボン 神院大生と新チーズケーキ共同開発

2018.10.18
  • 印刷
ブルボンと共同開発した「神戸しっとりチーズケーキ」を持つ神戸学院大生たち=兵庫県庁

ブルボンと共同開発した「神戸しっとりチーズケーキ」を持つ神戸学院大生たち=兵庫県庁

 菓子メーカーのブルボン(新潟県柏崎市)は、神戸学院大経営学部(神戸市中央区)の学生らと共同開発した新商品「神戸しっとりチーズケーキ」を23日発売する。兵庫県政150周年の記念商品として、来年3月までの期間限定で販売する。

 マーケティングを学ぶ3年生21人が昨年秋から、素材や商品イメージを検討。神戸の洋菓子店から全国的な人気につながったとされるチーズケーキを素材に採用した。パッケージは、県花ノジギクの黄と、姫路城やコウノトリなどを想起させる白を基調にした。

 学生らの提案をもとに、ブルボンが赤穂の塩や六甲バター(同)のクリームチーズなど兵庫ゆかりの食材にホワイトチョコレートなどを加えて製造。しっとり滑らかな口溶けに仕上げたという。

 受注は発売前から好調といい、製造量を当初計画の4万個から9万個に拡大。ブルボンは「来春以降の一般商品化も検討している」としている。

 全国のコンビニやスーパーなどで販売。希望小売価格は1個(43グラム)162円。(山路 進)