ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸の洋菓子メーカー「モンブラン」事業停止

経済

神戸の洋菓子メーカー「モンブラン」事業停止

2018.10.23
  • 印刷
廃業したモンブランの神戸本社に隣接する店舗入り口には、廃業を知らせる貼り紙があった=23日午前、神戸市西区上新地1

廃業したモンブランの神戸本社に隣接する店舗入り口には、廃業を知らせる貼り紙があった=23日午前、神戸市西区上新地1

廃業したモンブランの神戸本社に隣接する店舗=23日午前、神戸市西区上新地1(撮影・大島光貴)

廃業したモンブランの神戸本社に隣接する店舗=23日午前、神戸市西区上新地1(撮影・大島光貴)

 神戸や加古川市などで洋菓子店「モンブランKOBE」を展開する洋菓子メーカー「モンブラン」(本社・神戸市西区)が事業を停止し、自己破産申し立ての準備に入っていることが23日、分かった。帝国データバンク神戸支店によると、負債総額は約3億2800万円。

 同支店などによると、1963(昭和38)年に加古川市で創業。2000年に本社を神戸市西区に移し、工場と旗艦店を新設した。同市西部や明石、加古川市などに十数店を展開。百貨店の催事出店などを拡大し、15年6月期は売上高約6億6500万円を計上した。しかし競争激化や原材料費高騰などから業績が悪化。18年6月期は売上が落ち込み、約3100万円の損失を出していた。

 創業者の息子で現社長の松田安正氏は兵庫県技能顕功賞などを受賞し、県洋菓子協会副会長や全日本洋菓子工業会常任理事も務めている。

 この日午前、神戸本社に隣接する店舗には廃業を知らせる張り紙が掲示され、従業員の姿はなく、商品が残ったままのショーケースがあった。買い物に訪れた年配の男性は「閉まっているの」と驚いた様子で引き返していった。