ひょうご経済プラスTOP 経済 トヨタ式農業で成長を 「カイゼン」で生産性向上 豊岡で講演

経済

トヨタ式農業で成長を 「カイゼン」で生産性向上 豊岡で講演

2018.11.06
  • 印刷
トヨタ自動車の「カイゼン(改善)」の農業への応用についての講演会=豊岡市幸町、兵庫県豊岡総合庁舎

トヨタ自動車の「カイゼン(改善)」の農業への応用についての講演会=豊岡市幸町、兵庫県豊岡総合庁舎

トヨタ自動車の「カイゼン(改善)」の手法を農業に応用する意義を語る同社農業支援室の灘波猛さん=豊岡市幸町、兵庫県豊岡総合庁舎

トヨタ自動車の「カイゼン(改善)」の手法を農業に応用する意義を語る同社農業支援室の灘波猛さん=豊岡市幸町、兵庫県豊岡総合庁舎

トヨタ自動車の「カイゼン(改善)」の手法を農業に応用する意義を語る同社農業支援室の灘波猛さん=豊岡市幸町、兵庫県豊岡総合庁舎

トヨタ自動車の「カイゼン(改善)」の手法を農業に応用する意義を語る同社農業支援室の灘波猛さん=豊岡市幸町、兵庫県豊岡総合庁舎

 トヨタ自動車(愛知県)の強さの源泉の一つである、品質や効率重視の「カイゼン(改善)」。4年前に農業分野に参入した同社の担当者がこのほど、兵庫県豊岡総合庁舎(豊岡市)で講演し、カイゼンの手法によりイネの苗生産の余剰分を数値化して2割削減した実績などを紹介。「業務改善でまだまだ成長できる」と農業の可能性の大きさを語った。(山路 進)

 豊岡市内の農業法人経営者らでつくる「但馬地域農業法人連携協議会」などが開いた研修会。同社アグリバイオ事業部農業支援室の灘波猛氏(55)の話に、関係者約80人が耳を傾けた。

 農業では約10年前から、衛星利用測位システム(GPS)やパソコンを使った作業効率化のシステム開発が進む。県内でも、農機具メーカーや通信会社、県の研究機関などのシステムが使われている。トヨタは2014年、農業IT管理ツールを開発。全国20道県の約80経営体が使っている。

 灘波氏は、高齢化などに伴う人手不足から「大規模化や法人化が進む農業のIT化は必須」と指摘。点在する受託ほ場を、作業者の位置が表示されるパソコンやスマートフォンの地図で管理し、契約田と間違って田植えするなどのリスクをなくした事例を紹介。作業の進み具合や栽培履歴などを「見える化」し、経営者や従業員間で共有することの重要性を訴えた。

 さらに、苗生産の2割削減のほか、作業のたびに内容や開始・終了時間をシステムに記録することで終業後の日報記録を省力化できる点を強調。整理整頓や清潔清掃などトヨタで「5S」と呼ぶ手法の応用にも触れ、工具置き場を整理することで工具を探す時間を1日で6分、年換算で24時間の短縮につながることなど効率化の意義を語った。

 灘波氏は「トヨタはカイゼンで成長し、今も日々わずかの生産性向上を目指し続けている。農業には、何割もの向上が期待できるはず」と話した。