ひょうご経済プラスTOP 経済 ニチリン、インド子会社を合弁化 販路拡大へ

経済

ニチリン、インド子会社を合弁化 販路拡大へ

2018.12.18
  • 印刷

 自動車用ホースのニチリン(兵庫県姫路市)は18日、インドの自動車部品製造・販売会社「インペリアル オート インダストリーズ」と合弁で、二輪用ゴムブレーキホースの製造・販売を展開すると発表した。インドで現地メーカーへの販路を拡大する狙い。

 インペリアル社がニチリンの現地子会社の第三者割当増資を引き受けた上で、同子会社の商号を変更し、合弁会社化する。合弁会社は「ニチリン インペリアル オートパーツ インディア」。資本金は約4億円で、出資比率はニチリンが60%、インペリアル社が40%となる。

 合弁会社は、インペリアル社の二輪用ゴムブレーキホース約100品種のインドでの営業権を買い取って製造・販売。現地で販売網を広げる狙いだ。

 2019年4月には合弁会社化を完了し、同年10月には製造・販売を本格始動。20年3月期の売上高目標は約23億円以上、21年3月期は約38億円以上を目指す。(綱嶋葉名)