ひょうご経済プラスTOP 経済 川上塗料の新社長に村田氏

経済

川上塗料の新社長に村田氏

2019.01.11
  • 印刷
(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

(注)表の数字の単位は百万円。▲は赤字計上か、割合減少。前期の配当は実績

川上塗料の新社長に決まった村田泰通取締役

川上塗料の新社長に決まった村田泰通取締役

 川上塗料(兵庫県尼崎市)は11日、村田泰通取締役(63)が社長に昇格し、野村茂光社長(73)が代表権を持ったまま会長に就くトップ人事を発表した。若返りを図るとともに会長職を復活させて、経営基盤を強化する。2月22日に開催予定の株主総会で正式に決定する。

 村田氏は技術畑が長く、技術本部副本部長を経て、2014年に取締役技術本部長に就任。野村氏は16年間の在任中、最終損益を黒字転換するなど経営を建て直した。

 一方、同日発表した18年11月期連結決算は、国内の住宅向け塗料が振るわず減収減益。純利益は期初の予想を上回り、期末配当を5円増配した。(大島光貴)

 村田 泰通氏(むらた・やすみち)山口大文理学部卒。81年川上塗料。粉体塗料技術部長、技術本部副本部長などを経て、14年から取締役技術本部長。福岡県出身。