ひょうご経済プラスTOP 経済 「緩やかに拡大」基調判断11カ月連続据え置き 日銀神戸支店

経済

「緩やかに拡大」基調判断11カ月連続据え置き 日銀神戸支店

2019.01.17
  • 印刷
日本銀行神戸支店=神戸市中央区京町

日本銀行神戸支店=神戸市中央区京町

 日銀神戸支店(神戸市中央区)が16日発表した兵庫県内の金融経済概況は、「緩やかに拡大している」とし、昨年2月に引き上げた基調判断を11カ月連続で据え置いた。個人消費は緩やかな持ち直しを維持したものの、気温が下がらず冬物衣料が苦戦。白物家電は堅調に売れた。生産・出荷は、建設機械や航空機関連などが好調で増加基調を維持した。

 先行きの留意点として武元和彦支店長は米中摩擦などを挙げ、「現時点で県内経済への影響は限定的だが、半導体とスマートフォンの部品や製造装置で高水準だった受注の鈍化が見られる」と指摘。昨年末の株価下落に関し、「高額品の売れ行きに響くため百貨店で今後の値動きを心配する声がある。新年の福袋の販売は好調だったと聞いている」と述べた。(内田尚典)