ひょうご経済プラスTOP 経済 早くも夏物、新作 神戸で靴の見本市 24日まで

経済

早くも夏物、新作 神戸で靴の見本市 24日まで

2019.01.23
  • 印刷
産地の統一ブランド「神戸シューズ」の高価格帯「プレミアムライン」の展示。7型6色13サイズがずらり並ぶ=神戸市中央区港島中町6、神戸国際展示場

産地の統一ブランド「神戸シューズ」の高価格帯「プレミアムライン」の展示。7型6色13サイズがずらり並ぶ=神戸市中央区港島中町6、神戸国際展示場

 夏の新作靴を集めた見本市「日本グランドシューズコレクション&全国サンダルフェア」(日本ケミカルシューズ工業組合主催)が23日、神戸・ポートアイランドの神戸国際展示場で始まった。2日間で、百貨店や専門店の仕入れ担当者ら計2千人の入場を見込む。

 神戸市長田区の靴メーカーを中心に78社が出展した。今回の目玉は、昨秋発表した産地の統一ブランド「神戸シューズ」の高価格帯「プレミアムライン」。認知度を高めるため、会場入り口近くにブースが設置された。

 特長は0・25センチ刻みの細かなサイズ展開と、左右のサイズを変えて購入できるサービス。同組合の担当者は「自分にぴったりのサイズを見つけて、履き心地の良さを体感してもらいたい」とPRしていた。

 同展示場では、日本シューズ産業協同組合主催の「日本シューズ産業見本市」も開かれている。いずれも24日まで。(中務庸子)