ひょうご経済プラスTOP 経済 石垣崩落の丸亀城支援を 丸亀製麺に募金箱設置へ

経済

石垣崩落の丸亀城支援を 丸亀製麺に募金箱設置へ

2019.01.31
  • 印刷

 セルフ式うどん店「丸亀製麺」を展開するトリドールホールディングス(HD、神戸市中央区)は、昨年に石垣が崩落した丸亀城(香川県丸亀市)の修復支援に乗り出す。今春、国内の丸亀製麺約550店に募金箱を設ける。

 丸亀市によると、丸亀城は昨年の豪雨や台風の影響などで、城の南西部に位置する「帯曲輪石垣」と「三の丸坤櫓跡石垣」が崩落。同市は被害の拡大防止と石垣の修復に向け、募金の協力を呼び掛けている。

 トリドールHDは2000年に丸亀製麺の営業を開始。現在、国内外に千店舗以上を展開する。11年には「丸亀」の名を広めることに貢献したとして、粟田貴也社長が同市の文化観光大使に任命されるなど交流が続いている。

 今年4月以降、各店のレジ横に募金箱を設置するほか、「チャリティーうどん教室」を開催予定という。(三島大一郎)