ひょうご経済プラスTOP 経済 阪急西宮ガーデンズが大規模改装 テナント3割刷新、屋上庭園に人工芝

経済

阪急西宮ガーデンズが大規模改装 テナント3割刷新、屋上庭園に人工芝

2019.02.06
  • 印刷
リニューアル後の屋上庭園「スカイガーデン」(阪急阪神不動産提供)

リニューアル後の屋上庭園「スカイガーデン」(阪急阪神不動産提供)

人工芝の敷設や照明器具の充実が図られる「スカイガーデン」=西宮市高松町

人工芝の敷設や照明器具の充実が図られる「スカイガーデン」=西宮市高松町

阪急西宮ガーデンズの屋上庭園「スカイガーデン」のリニューアル後の夜のイメージ(阪急阪神不動産提供)

阪急西宮ガーデンズの屋上庭園「スカイガーデン」のリニューアル後の夜のイメージ(阪急阪神不動産提供)

約3割の73店舗をリニューアルする阪急西宮ガーデンズの館内=西宮市高松町

約3割の73店舗をリニューアルする阪急西宮ガーデンズの館内=西宮市高松町

 阪急電鉄は6日、昨秋に開業10年を迎えた商業施設「阪急西宮ガーデンズ」(兵庫県西宮市)の本館を大規模改装すると発表した。全体の約3割の73店舗をリニューアルするほか、屋上庭園に人工芝を敷くなどしてより快適な空間を演出する。

 2008年に開業。昨年10月には医療施設や薬局が入る「別館」、同11月には飲食店などが入る「ゲート館」が新たにオープンした。本館の大幅な改装は14年以来2度目で、26店が新規出店、47店が移転・改装。3月に順次オープンする。

 フランスのスポーツブランド「デカトロン」が日本初出店。調味料専門店「茅乃舎」は、台所道具などもそろえた新業態の店舗を出す。流行に敏感な女性ら主な顧客層に加え、家族連れやカップルに買い物をより楽しんでもらえる店舗を導入するという。

 音楽ライブなど多彩な催しが開催される屋上庭園「スカイガーデン」は、中央の噴水周辺に六甲山をイメージした人工芝を敷設。照明器具を充実させ、夜の魅力も高める。屋上庭園は2月末まで立ち入りを制限する。(三島大一郎)