ひょうご経済プラスTOP 経済 関西財界セミナー開幕 万博開催「試されている」

経済

関西財界セミナー開幕 万博開催「試されている」

2019.02.07
  • 印刷
「いま、試される関西-前進するための条件」をテーマに開幕した関西財界セミナー=7日午前、京都市左京区、国立京都国際会館(撮影・大森 武)

「いま、試される関西-前進するための条件」をテーマに開幕した関西財界セミナー=7日午前、京都市左京区、国立京都国際会館(撮影・大森 武)

 京阪神を中心とする企業の経営者らが社会課題を議論する「関西財界セミナー」が7日午前、京都市で始まった。2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が昨秋に決まったことを受け、関西経済連合会の松本正義会長は開会の問題提起で「発展の起爆剤として生かせるか、関西は試されている」と述べた。

 同セミナーは関経連と関西経済同友会が主催し、57回目。万博テーマ「いのち輝く未来社会のデザイン」に通じる課題として、デジタル社会と豊かさ▽持続可能な開発計画(SDGs)▽人口減少時代の雇用▽交通と物流▽観光とまちづくり▽グローバル時代の経営-の6分科会を設定した。8日までの2日間で、過去最多の約680人の参加を見込む。

 観光とまちづくりでは、万博会場の大阪・夢洲に加え、JR大阪駅北側の再開発地区「うめきた」や神戸・三宮の整備などが話題に上る見通しで、兵庫県内関係者の申し込みが集中した。

 川崎重工業(神戸市中央区)の牧村実顧問は「神戸・ポートアイランドで進めている水素発電の実証実験を大阪・関西万博に向けてアピールしたい」。神戸商工会議所の家次恒会頭は「交通の利便性を高めて訪日外国人客を兵庫、神戸に呼び込みたい」とする。

 人材確保も切実な課題で、システム開発会社、夢工房(同)の田中裕子社長は「他社の取り組みを聞いて労使双方にとって最良の待遇を考えたい」と話した。(内田尚典、綱嶋葉名)