ひょうご経済プラスTOP 経済 船舶エンジン余熱で発電 神鋼と川崎汽船が共同研究開始

経済

船舶エンジン余熱で発電 神鋼と川崎汽船が共同研究開始

2019.02.12
  • 印刷
船舶エンジンの余熱を活用する「バイナリー発電システム」を搭載した石炭運搬船(神戸製鋼所提供)

船舶エンジンの余熱を活用する「バイナリー発電システム」を搭載した石炭運搬船(神戸製鋼所提供)

 神戸製鋼所(神戸市中央区)と川崎汽船(本店・同)は、船のエンジンの余熱を使って発電する「バイナリー発電システム」の共同研究を始めた。このほど完成した川崎汽船の石炭運搬船に搭載し、3年間の運用を通じて性能や耐久性を確認する。

 従来は大部分が大気中に廃棄されていた船舶用エンジンの排熱を熱源に、水より沸点の低い媒体(代替フロン)を加熱し、発生した蒸気でタービンを回し発電する。最大出力は100キロワットといい、電気は補助電源や船内の照明に活用される。燃料と二酸化炭素(CO2)排出量を2%程度削減できるという。

 海運業界では、国際海事機関(IMO)が、船舶の温室効果ガス排出量を2050年までに08年比50%削減する目標を設定。環境規制への対応が迫られるが、同システムは船舶の大半を占めるエンジン出力5千キロワット以上の中大型船に適用できるという。

 神鋼は11年、工場の排温水などを利用する陸上用の同システムを開発。船舶用は14年から開発を進めており、今後、商用化を目指す。(横田良平)