ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸空港でカーシェア開始 関西エア神戸とオリックス自動車

経済

神戸空港でカーシェア開始 関西エア神戸とオリックス自動車

2019.02.15
  • 印刷

 神戸空港を運営する関西エアポート神戸(神戸市中央区)とオリックス自動車(東京)は、車を共同利用する「カーシェアリング」の拠点を同空港の駐車場に設けた。移動の選択肢を広げて利便性を高める。

 関西エア神戸は親会社の関西エアポートが、リース最大手オリックスの出資を受けており、同社の完全子会社オリックス自動車と連携して始めた。

 カーシェアリングは、免許証やクレジットカードなどをあらかじめ登録すると、専用カードで24時間、車を借りたり返したりできる。レンタカーと違って、窓口に寄る手間がかからない。

 神戸空港では2台分の拠点をターミナル近くに設置。オリックス自動車は「あまり歩かずに乗り降りできる」とアピールしている。(長尾亮太)