ひょうご経済プラスTOP 経済 シンコ漁初日「不漁」的中 兵庫県内の主要6漁港、昨年比3分の1

経済

シンコ漁初日「不漁」的中 兵庫県内の主要6漁港、昨年比3分の1

2019.03.06
  • 印刷
昨年からシンコの漁獲量が増えた林崎漁協=5日午前、明石市林3(撮影・小西隆久)

昨年からシンコの漁獲量が増えた林崎漁協=5日午前、明石市林3(撮影・小西隆久)

寂しい水揚げとなった垂水漁港=5日午前、神戸市垂水区平磯3(撮影・秋山亮太)

寂しい水揚げとなった垂水漁港=5日午前、神戸市垂水区平磯3(撮影・秋山亮太)

 イカナゴのシンコ漁が5日、大阪湾、播磨灘で解禁され、3年続きの不漁予想が的中したかのような初日になった。兵庫県内主要6漁協の合計漁獲量は昨年の3分の1以下。一部漁協で増えた播磨灘に比べ、大阪湾側は昨年の1割を下回り、寂しい水揚げとなった。(山路 進)

 シンコ漁が盛んな神戸、明石、姫路、淡路市の主要6漁協の状況を調査した県漁業協同組合連合会によると、昨年から漁獲量が増えたのは林崎(明石市)のみ。同じ播磨灘でも坊勢(姫路市)、淡路島西岸の育波浦(淡路市)では2~6割減り、さらに神戸市や同島東岸の大阪湾側では1割を割り込んだ。一方、水揚げ直後に行われた同6漁協の競りでは、1籠(25キログラム)当たりの取引価格(浜値)が平均約7万7千円に。昨年の解禁初日(約3万3千円)の2・3倍に上り、9万円を超えるものもあったという。

 海域の漁師らは資源量を確保しようと、今年は解禁時のシンコのサイズを大きめに設定。水揚げされたシンコは例年より1センチ程度大きかった。

 県漁連の担当者は「最も不漁だった一昨年と出足が似ている。水揚げが増え、価格が下がることを祈るしかない」と話した。