ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸市とドコモ、ICT活用へ連携 高齢者見守りなどで実証実験

経済

神戸市とドコモ、ICT活用へ連携 高齢者見守りなどで実証実験

2019.03.15
  • 印刷
連携協定を結んだNTTドコモの吉沢和弘社長と神戸市の久元喜造市長=神戸市役所

連携協定を結んだNTTドコモの吉沢和弘社長と神戸市の久元喜造市長=神戸市役所

 神戸市とNTTドコモは14日、「ICT(情報通信技術)を活用した安全安心なまちづくり」に関する事業連携協定を結んだ。六甲山で遭難した登山者や、体調が急変した1人暮らしの高齢者をいち早く助けられるよう、新たな技術の実証実験に乗り出す。

 両者は、子どもの見守りサービスなどで2016年に連携しており、今回の締結で期間を3年間延ばす。同社にとっては、実証実験を通して新技術の早期実用化が期待できるという。

 新しい協定では、登山者と高齢者の見守りに取り組む。六甲山の登山口に取り付けた簡易カメラで入山者を撮影。その画像を無線通信であらかじめ集めておき、遭難者の捜索に役立てる。独居高齢者については、呼吸数や脈拍数などの健康状態を検知できる装置を室内に設け、家族らが遠隔で把握できるようにする。検知には電波を用いるため、カメラより高齢者のプライバシーを守れるという。

 締結式で吉沢和弘社長は「最新の技術で地域が抱える課題の解決に役立ちたい」と述べ、久元喜造市長は「ICTを活用して行政サービスを引き上げたい」と話した。(長尾亮太)