ひょうご経済プラスTOP 経済 くし揚げ店「串乃家」破綻 負債総額6億5千万円

経済

くし揚げ店「串乃家」破綻 負債総額6億5千万円

2019.03.25
  • 印刷
くし揚げ店「串乃家」の外観=神戸市中央区北長狭通1

くし揚げ店「串乃家」の外観=神戸市中央区北長狭通1

 くし揚げ店「串乃家」を神戸、大阪で展開する神戸ファインフーズ(神戸市灘区)が25日、民事再生法の適用を神戸地裁に申請し、保全命令を同日受けたことが分かった。申請代理人の弁護士や帝国データバンク神戸支店によると、負債総額は約6億5千万円。

 肉牛牧場を経営する神戸畜産(丹波市)が同社の支援に名乗りを挙げており、店舗や屋号、従業員は引き継がれる見通し。

 1979年設立。串乃家の屋号で神戸市中央区や大阪市に店舗を展開するほか、神戸、東京、大阪の「デパ地下」にも出店。ピーク時の2009年3月期には売上高約9億1300万円を計上していた。しかし、消費減退と競争激化などで18年3月期には約6億4200万円に下落。赤字経営が続いていた。不採算店の閉鎖や人員削減に踏み切ったが効果は限定的で、自主再建を断念した。