ひょうご経済プラスTOP 経済 名称は「コトノハコ神戸」 新神戸の商業施設、7月開業

経済

名称は「コトノハコ神戸」 新神戸の商業施設、7月開業

2019.03.26
  • 印刷
「コトノハコ神戸」の地下3階エントランスのイメージ図

「コトノハコ神戸」の地下3階エントランスのイメージ図

「コトノハコ神戸」のロゴマーク

「コトノハコ神戸」のロゴマーク

 JR新神戸駅前の商業施設「新神戸オリエンタルアベニュー」の運営会社は26日、7月に同施設の名称を「コトノハコ神戸」に変更し、新装オープンすると正式発表した。娯楽や観光から医療、ビジネスまで、幅広い分野の体験型施設に生まれ変わる。

 今月24日に、神戸ビーフや但馬牛をPRする神戸ビーフ館が先行開業。今夏には、兵庫県産のスイーツや酒、工芸品を集めた「兵庫県おみあげ発掘屋」、健康診断施設などが入る医療モール「新神戸メディカルビレッジ」が誕生する。

 また、昨年末に閉館した新神戸オリエンタル劇場は、アニメや漫画を原作にした舞台「2・5次元ミュージカル」の専用劇場「アイア2・5シアター神戸」として7月に再開する。(三島大一郎)