ひょうご経済プラスTOP 経済 紙おむつ買える自動販売機 イオン明石に設置

経済

紙おむつ買える自動販売機 イオン明石に設置

2019.05.10
  • 印刷
紙おむつも購入できるキリンビバレッジの自動販売機で購入する親子=明石市大久保町ゆりのき通3

紙おむつも購入できるキリンビバレッジの自動販売機で購入する親子=明石市大久保町ゆりのき通3

 飲み物と一緒に紙おむつを買える自動販売機がこのほど、兵庫県明石市のイオン明石ショッピングセンターに設置された。おむつを忘れても必要な数だけ入手でき、乳幼児連れの家族が安心して買い物を楽しめるようにした。近畿圏の商業施設では初めてという。

 自販機は、2番街1階の赤ちゃん休憩室前に据えられている。商品はメリーズパンツのMサイズ(体重6~11キロ)とLサイズ(同9~14キロ)で、いずれも2枚入り200円。かばんに入れてもかさばらない量にした。20枚入りのおしりふきも110円で購入できる。

 同店は昨秋、子どもの遊び場や授乳室などを新設した。利用した子育て世代から「おむつの自販機が欲しい」との要望が寄せられたことから、自販機を管理する関西キリンビバレッジサービス(大阪市)に依頼し、3月末に設置した。(中村有沙)