ひょうご経済プラスTOP 経済 秋冬の新作シューズ展示 神戸のメーカーなど70社

経済

秋冬の新作シューズ展示 神戸のメーカーなど70社

2019.05.22
  • 印刷
秋冬の新作靴がずらり並んだ「日本グランドシューズコレクション&全国サンダルフェア」=神戸市中央区港島中町6

秋冬の新作靴がずらり並んだ「日本グランドシューズコレクション&全国サンダルフェア」=神戸市中央区港島中町6

 秋冬の新作靴を集めた「日本グランドシューズコレクション&全国サンダルフェア」(日本ケミカルシューズ工業組合主催)が22日、神戸・ポートアイランドの神戸国際展示場で始まった。神戸の靴メーカーを中心に約70社が出展し、百貨店や専門店の仕入れ担当者らが品定めした。23日まで。

 カジュアルな装いで働く人が増える中、主力の婦人靴市場はスニーカーが席巻しており、ケミカルシューズもカジュアルな意匠や歩きやすさを追求する傾向が強まっているという。

 新元号「令和」への改元に合わせて会場の装飾を一新。入り口近くに出展者一押し商品を集めたコーナーを設けた。0・25センチ刻みの細かいサイズがそろい、左右で異なるサイズを購入できる産地統一ブランド「神戸シューズ」のプレミアムラインのコーナーも存在感を示した。

 編み機大手の島精機製作所(和歌山市)は初めて出展。担当者は「編み機は衣料品に限らず、靴の製造にも役立つことを広く知ってもらいたい」と話していた。(長尾亮太)