ひょうご経済プラスTOP 経済 神戸空港アクセス改善を 甲南アセット社長 小林宏至氏

経済

神戸空港アクセス改善を 甲南アセット社長 小林宏至氏

2019.05.23
  • 印刷

 「神戸空港の運用時間が延長されると日帰り出張がしやすく、企業誘致や地域活性化につながる」と話すのは、全国で業務ビル26棟を所有する甲南アセット(神戸市兵庫区)の小林宏至(ひろよし)社長(81)。月に数回利用する立場から空港へのアクセスは改善の余地があるといい、「ポートライナーを新神戸とつなぎ、阪神高速道路から空港に向かうルートを延ばせばさらに利便性が高まる」と提案する。

 関西3空港懇談会が「中期的な検討課題」とした国際化については「神戸空港を関西空港の『第3滑走路』に位置づけることで、関西へのアクセス拠点となり得る」と期待感を示した。(大島光貴)