ひょうご経済プラスTOP 経済 ビーフン製造最大手のケンミン食品、米国で販売本格化

経済

ビーフン製造最大手のケンミン食品、米国で販売本格化

2019.06.01
  • 印刷
9月から米国で販売予定の「Yaki Be-fun](ケンミン食品提供)

9月から米国で販売予定の「Yaki Be-fun](ケンミン食品提供)

 ビーフン製造最大手のケンミン食品(神戸市中央区)は9月、主力商品「即席焼ビーフン」の米国販売を本格化させる。同国で輸入が規制されている食肉エキスに代わり、魚介エキスを新たに開発したことで販売が可能となった。供給拠点のタイ工場を12月に増強し、2030年度の米国での販売数量を10倍に引き上げる。(中村有沙)

 「即席焼ビーフン」は、食肉エキスであらかじめ味付けした乾麺タイプ。米国では食肉エキスを使った食品の輸入が規制されているため、これまで味付けをしていないタイプのみを販売していた。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。