ひょうご経済プラスTOP 経済 SECカーボン 150億円設備投資 京都工場

経済

SECカーボン 150億円設備投資 京都工場

2019.06.12
  • 印刷
5年間で約150億円を投資する予定のSECカーボン京都工場=京都府福知山市長田野町3(同社提供)

5年間で約150億円を投資する予定のSECカーボン京都工場=京都府福知山市長田野町3(同社提供)

 炭素製品大手のSECカーボン(尼崎市)は11日、主力の京都工場(京都府福知山市)の老朽化した生産設備を更新、修繕すると発表した。2020年4月から5年間に計約150億円を投じる計画で、製品の中長期的な安定供給や生産効率化を図る。

 同工場は1974年に操業を開始。約50万平方メートルの敷地内で、主力製品のアルミ製錬用電極「カソードブロック」や電気製鋼炉向けの黒鉛電極などを製造し、年間7万5千トンの生産能力を誇る。