ひょうご経済プラスTOP 経済 住友ゴム工業 自動運転見据え群馬大と共同研究

経済

住友ゴム工業 自動運転見据え群馬大と共同研究

2019.06.12
  • 印刷
共同研究の実証実験に使う自動運転車(群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター提供)

共同研究の実証実験に使う自動運転車(群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター提供)

 住友ゴム工業(神戸市中央区)は、完全自動運転を見据えたタイヤ周辺サービスの共同研究を、群馬大次世代モビリティ社会実装研究センター(前橋市)と本格化させる。タイヤに付けたセンサーで走行時の空気圧や温度、位置を計測。データをクラウド経由で集約、監視し、運転者が不在となった際の保守業務をシステム化するのが目的だ。

 群馬大は2020年をめどに「レベル4」と呼ばれる地域限定の完全自動運転の商用化を目指しており、バス会社や保険会社、機械式駐車場メーカーなど10社以上と実証実験を重ねている。