ひょうご経済プラスTOP 経済 日新信金理事長に山本専務理事が昇格

経済

日新信金理事長に山本専務理事が昇格

2019.06.18
  • 印刷
山本 良一氏(やまもと・りょういち)大阪経済大経済学部卒。86年日新信用金庫。常務理事を経て17年6月から専務理事。神戸市兵庫区出身。

山本 良一氏(やまもと・りょういち)大阪経済大経済学部卒。86年日新信用金庫。常務理事を経て17年6月から専務理事。神戸市兵庫区出身。

 日新信用金庫(兵庫県明石市)は17日に開いた総代会後の理事会で、山本良一専務理事(56)が理事長に昇格するトップ人事を決めた。和田吉正理事長(70)は代表権のある会長となる。いずれも同日付。任期は2021年6月まで2年間。

 和田氏は12年に就任。営業畑の生え抜きで、2代続いた大蔵省(現財務省)出身理事長の後を継いだ。事業承継など中小・小規模企業が抱える課題の解決支援、各支店の顧客開拓の強化に努めた。山本氏は融資審査などの業務に精通。若返りを図り、経営基盤を強化する。(内田尚典)