ひょうご経済プラスTOP 経済 兵庫工業会の会長に就任 宮脇新也さん

経済

兵庫工業会の会長に就任 宮脇新也さん

2019.06.18
  • 印刷
兵庫工業会の会長に就任した宮脇新也さん

兵庫工業会の会長に就任した宮脇新也さん

 兵庫県内の製造業の振興を担う組織のトップ、会員のメーカー約400社を率いる大役に「会社、工場を訪ねて課題を聞き(解決に向け)お手伝いをしたい」と気を引き締める。

 神戸製鋼所(神戸市中央区)の元常務執行役員。加古川、神戸の両製鉄所に長く勤務し、自動車エンジン用弁ばねなどに加工される線材の工場で操業管理に携わった。2007年からは顧客の製品に最適な鋼材を提案する技術サービスを担当。ニーズ把握に努めた。

 2度の海外勤務では、労働組合が職種別に分かれて従業員の統率が難しい中、生産性向上や品質改善、原価低減に苦心した。15年に試験分析子会社コベルコ科研(同市中央区)の社長に就任。その後、検査データ改ざんが発覚した。顧客対応や再発防止を指揮。長い現場経験を踏まえ、現地、現物、現実を重んじる「三現主義」を胸に刻む。

 県内の製造業を見渡すと、人手不足に悩む企業は少なくない。兵庫出身の学生が就職で首都圏などに流出するのを食い止めようと、本年度は文系女子学生向けの工場見学を計画している。「ものづくりの魅力に触れて、地元の中小・中堅企業に戻ってきてほしい」

 中小企業への提案にも「IoT(モノのインターネット)などの新しい技術を使い、多額の費用を掛けなくても効率化が図れるツールを紹介できたら」と意欲を見せる。

 現場で言い続けてきた「継続は力なり」が座右の銘。芦屋市で妻と2人暮らし。大阪市出身。63歳。(大島光貴)