ひょうご経済プラスTOP 経済 住友ゴム、国内タイヤ3%値上げへ 2年ぶり

経済

住友ゴム、国内タイヤ3%値上げへ 2年ぶり

2019.06.21
  • 印刷

 タイヤ国内2位の住友ゴム工業(神戸市中央区)は21日、全ての国内市販用タイヤを8月1日から平均3%値上げすると発表した。物流費の高騰が理由で、値上げは2017年以来2年ぶり。ブリヂストン(東京)、横浜ゴム(同)も同時に値上げに踏み切る。

 国内市販用とはカー用品店やディーラー、タイヤ量販店などで販売するタイヤを指す。乗用車・バンや小型トラック、トラック・バス向けなど全商品の夏・冬用を値上げの対象とした。

 住友ゴムは、トラック運転手の人手不足による物流費高騰に歯止めがかからないと予測。物流の効率化など自社の経費削減努力で吸収するのは困難と判断した。過去の値上げはいずれも、天然ゴムや合成ゴムなど原材料の価格上昇によるもので、物流費を理由にしたのは初めて。

 タイヤ最大手のブリヂストンは6月5日、国内3位の横浜ゴムは14日に、国内市販用タイヤを8月1日に平均3%値上げすると発表。国内4位のTOYOTIRE(トーヨータイヤ、伊丹市)も値上げを検討しており、近く公表する見通し。(大島光貴)