ひょうご経済プラスTOP 経済 川重、世界最大のプラント トルクメニスタンで稼働

経済

川重、世界最大のプラント トルクメニスタンで稼働

2019.07.11
  • 印刷
トルクメニスタンで稼働した世界最大のガソリン製造プラント(川崎重工業提供)

トルクメニスタンで稼働した世界最大のガソリン製造プラント(川崎重工業提供)

 川崎重工業(神戸市中央区)は、中央アジアのトルクメニスタンで、天然ガスを原料とする世界最大のガソリン製造プラントが完成し、稼働を始めたと発表した。トルコの建設会社との共同事業で、1500億円で受注していた。

 プラントは同国の首都アシガバート市に建設。天然ガスを原料に、年間60万トンのガソリンを製造できる。製造したガソリンは硫黄などの不純物が少なく、重金属を含まないため燃焼時に有害物質を出さないなど環境に優しいという。川重はプロジェクト全体を統括し、神戸工場(神戸市中央区)で設計した。

 同国は世界4位の天然ガス埋蔵量を誇り、近年は輸出に加え、天然ガスの付加価値を高めた製品の製造に力を入れているという。川重は同国最大の肥料製造プラントも建設しており、今後さらなる受注を目指す。(横田良平)