ひょうご経済プラスTOP 経済 兵庫のマンション発売戸数、前年同期比36・8%減 19年上半期

経済

兵庫のマンション発売戸数、前年同期比36・8%減 19年上半期

2019.07.18
  • 印刷
神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 不動産経済研究所(東京)が18日発表した兵庫県内の2019年上半期(1~6月)のマンション発売戸数は、前年同期比36・8%減の1389戸だった。上半期としては過去10年で2番目に少なかった。

 このうち神戸市を除く県内は、近畿2府4県の9エリアで唯一、前年同期を上回る693戸(10%増)だった。同市は696戸(55・6%減)で、投資物件が大幅に減少したことが要因という。

 発売期間内に売れた割合を示す契約率は、神戸市が1・4ポイント増の74%。同市を除く県内は、阪急沿線の人気エリアで駅に近い物件が相次いだことから、5・2ポイント増の73・3%だった。いずれも好調の目安となる70%を上回った。

 6月単月の発売戸数は前年同月比76・2%減の83戸。契約率は、神戸市が19・2ポイント減の51・9%、同市を除く県内は3・3ポイント減の60・7%だった。

 同研究所大阪事務所は「下半期に神戸市須磨区や芦屋市などで大型物件の発売が控えており、注目が高まるだろう」としている。(中務庸子)