ひょうご経済プラスTOP 経済 「味付のり醤油」ありそうでなかったと評判 明石・西海醤油

経済

「味付のり醤油」ありそうでなかったと評判 明石・西海醤油

2019.07.20
  • 印刷
西海醤油が手掛けて人気の「味付のり醤油」=明石市魚住町金ケ崎

西海醤油が手掛けて人気の「味付のり醤油」=明石市魚住町金ケ崎

 西海醤油(しょうゆ)(兵庫県明石市)は、自家製しょうゆと明石ノリを合わせた調味料「味付のり醤油」を販売し、人気を集めている。卵料理や焼き肉、サラダ、パスタなど用途が広く「一口で磯の香りが広がる」「ありそうでなかった」と評判を呼び、リピーターが相次いでいる。(佐伯竜一)

 6代目の西海正隆社長(59)が7年ほど前、卵かけご飯にしょうゆ、ノリを振るとおいしい点に目を付けて開発した。

 濃い口しょうゆにカツオや昆布のだしをきかせ、刻んだ地元産ノリを加えた。だししょうゆのうまみやノリの香り、なめらかな食感が楽しめる。

 生産体制の見直しで、数年後にいったん販売を終えたが、2年ほど前に復活させて多様な料理との相性をアピールした。

 食料品店や土産売り場など次第に引き合いが広がり、2018年度には兵庫県の個性豊かな産品を紹介する統一ブランド「五つ星ひょうご」にも選ばれた。全量を本社で生産しており、現在の売れ行きは、一時終了前の約2倍に上っているという。

 「しょうゆの消費は全国的に伸び悩んでおり、魅力が見直されるきっかけにもなればうれしい」と西海社長。100ミリリットル450円。同社TEL078・946・0141