ひょうご経済プラスTOP 経済 参院選県内経済界の反応(3)昭和精機 藤浪芳子会長

経済

参院選県内経済界の反応(3)昭和精機 藤浪芳子会長

2019.07.23
  • 印刷

 自民、公明の与党が改選過半数を確保した参院選。10月の消費増税や日米貿易交渉、人手不足など景気への影響が懸念される課題が山積する中、兵庫県内の経済団体代表や会社経営者からは、地域経済の安定や発展に向けた施策を求める声が相次いだ。

■女性活躍実現へ期待 昭和精機 藤浪芳子会長

 与党はぶっちぎりで勝つとおごってしまいそう。野党にある程度、健闘してほしいと思っていた。このくらいの結果が妥当かな。

 良かったのは、女性の当選が多かったこと。女性が活躍する社会の実現へ、政界から応援してもらえるのではないか。

 政府が推進している働き方改革は、従業員と経営側の双方が利点を得られないと広がりにくい。経営側は二の足を踏みがちだが、逃げずに取り組めば利益につながる。努力する企業の設備投資や人材育成に、息の長い支援を期待したい。(聞き手・佐伯竜一)