ひょうご経済プラスTOP 経済 県内上場企業 給与上昇年0・87%/「官製春闘」効果に疑問符

経済

県内上場企業 給与上昇年0・87%/「官製春闘」効果に疑問符

2019.07.23
  • 印刷

 兵庫県内の上場企業に勤務する人の給与上昇率が、直近7年間で累計6・2%、年率換算で0・87%にとどまっていることが、神戸新聞社の調べで分かった。政府・日銀は2%物価上昇を掲げるが、専門家は「物価の2%上昇を目指すなら、給与は最低でも年3%程度は上げる必要がある」と指摘。低調な賃金上昇によって消費に勢いがつかず、物価上昇目標を達成できない原因になっているという。(横田良平)

 県内上場企業116社のうち、上場期間が短い社を除く108社について、民主党政権時代の2011年度(年)と、18年度(年)の有価証券報告書から年間平均給与を調べた。算出対象者が各社で異なるため、伸び率を比較した。

 上がったのは8社で、上昇率が最も高かったのは海運業の明治海運(神戸市中央区)の累計40・9%。同社はこの間、ホテル経営などを拡大して売上高は倍増、純利益は約4倍になった。年収が下がったのは23社。業界不振で業績が伸び悩み、事業を整理した社が多かった。このほか、ほぼ横ばいが8社あった。

 安倍政権では「官製春闘」が定着。経団連などに賃上げを呼び掛け、17年の経済財政諮問会議では安倍首相が3%の賃上げを要請した。企業側も「社会的要請」として基本給を引き上げるベースアップや、ボーナスなどを含めた「年収ベースの3%増」に踏み切るところもあった。だが、上場企業の中でも規模が大きい経団連の加盟社のうち、県内の加盟19社は7年間の累計上昇率が5・5%にとどまる。

【荒木秀之・りそな総合研究所主席研究員の話】

 過去に物価上昇率が平均2%あった時代には、給与は年に3・5%上がっていた。企業が思い切って給与を上げられないのは、過去のデフレ体験を拭い去れないからでは。中小への波及はより薄く、景気浮揚には程遠い。さらなるてこ入れ策が必要だ。

兵庫県内上場企業の平均給与上昇率ランキング(2011→18年度)

順位 社名 上昇率(%) 2018年度平均年間給与(万円) 2018年度平均年齢(歳)
1明治海運40.9%68239.3
2トリドールホールディングス34.2%69539.6
3川上塗料29.3%53842.4
4ウィル28.0%56729.5
5ダントーホールディングス27.5%54347.6
6兵機海運27.0%55942.9
7ニチリン26.3%67342
8極東開発工業26.1%66140.4
9タクマ23.2%85643.3
10ジャパンエンジンコーポレーション19.7%56441
11大和工業19.1%69939.4
12特殊電極18.6%57940.8
12ヘリオステクノホールディング18.6%66346.2
14東洋機械金属16.6%63941
15ソネック16.0%64542.6
16日亜鋼業15.8%51240.7
17東亜バルブエンジニアリング15.4%59345.7
18西芝電機14.4%59743.6
19西松屋チェーン14.3%59339
20丸尾カルシウム13.7%54843.9
21トレーディア13.3%55540.8
22三相電機13.2%61742.8
23石原ケミカル13.0%66839.3
24和田興産12.2%69942.2
25OKK12.0%55140.3
26古野電気11.9%61244.3
27加藤産業11.8%64339.9
28石光商事11.7%62840.7
29JCRファーマ11.6%83041.4
30バンドー化学11.5%68142.6
31上組11.4%57638.6
32木村化工機11.0%70844.4
33住友ゴム工業10.2%66940.7
33新明和工業10.2%68142.9
35山陽電気鉄道10.1%56641.6
36アサヒホールディングス9.3%73841.8
37ドーン8.7%55137.3
38トーカロ8.4%72638.1
39神東塗料8.3%52039.8
39グローリー8.3%70343.5
41阪神内燃機工業8.2%59340.8
42ハイレックスコーポレーション8.0%52440.3
42関西スーパーマーケット8.0%54340.5
44SECカーボン7.9%62642.6
45フジッコ7.7%57139.9
45三ツ星ベルト7.7%64240.3
45美樹工業7.7%54842
48川崎重工業7.1%70738.7
49アシックス7.0%70139.3
49西菱電機7.0%56440.9
51エコートレーディング6.7%48042.8
52モロゾフ6.5%52746.3
53川西倉庫6.3%53937
54ノザワ6.0%68643.3
55神姫バス5.8%49645
56帝国電機製作所5.6%62738.7
57日工5.2%67041
58大真空5.1%51945.8
59ビオフェルミン製薬4.4%58837.9
59エスフーズ4.4%49635.7
61シスメックス4.0%78241.1
61日本管財4.0%34252.6
63日本毛織3.7%53243.7
63G-7ホールディングス3.7%50652.6
65東リ3.6%57940.8
66ケミプロ化成3.0%48440.2
67トーホー2.9%61143.1
68神戸電鉄2.8%51242.4
68メック2.8%70341.6
70山陽特殊製鋼2.7%73239.3
71TOYOTIRE2.6%60338.6
72日本山村硝子2.4%63742.2
73さくらケーシーエス2.1%57743.7
74神戸製鋼所2.0%56939
75神鋼鋼線工業1.8%57038
76ファースト住建1.7%48037.7
77虹技1.3%55037.9
78ロック・フィールド0.4%47635.9
78指月電機製作所0.4%57239.5
80カルナバイオサイエンス0.2%62344.5
81住友精密工業0.0%62139.7
82MORESCO-0.4%68442.3
83山陽百貨店-0.6%34345.9
83ハリマ共和物産-0.6%50740.8
85WDBホールディングス-0.8%63344.8
86神栄-1.1%63138.7
87多木化学-1.3%63043.9
88神戸物産-1.5%45837.5
89MonotaRO-1.9%51536.8
89アマテイ-1.9%40943.1
91フジプレアム-2.5%34733.9
92カネミツ-2.9%53939.8
93ヒラキ-3.0%45843.9
94イトーヨーギョー-3.7%44243.2
94フェリシモ-3.7%67543.1
96日和産業-3.8%45944.5
97日本電子材料-4.3%44739.4
97キムラタン-4.3%42143.5
99大阪チタニウムテクノロジーズ-4.5%61341.1
100ノーリツ-4.8%60143.5
100六甲バター-4.8%63341
102TOA-6.3%61042.4
103神鋼環境ソリューション-7.9%67444.5
104ノエビアホールディングス-8.4%57043.8
105川崎汽船-8.9%83138.2
106日本製麻-9.0%33446
107フジコー-11.3%40144.9
108シャルレ-18.5%64645.1

※千円以下切り捨て