ひょうご経済プラスTOP 経済 独立系航空会社FDA 神戸-松本便、神戸-出雲便のダイヤと運賃発表

経済

独立系航空会社FDA 神戸-松本便、神戸-出雲便のダイヤと運賃発表

2019.08.21
  • 印刷
搭乗を呼び掛けるFDAなどの関係者ら=神戸空港

搭乗を呼び掛けるFDAなどの関係者ら=神戸空港

 独立系航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は21日、神戸空港の発着枠拡大を活用して10月27日から運航する神戸-松本(長野県)、神戸-出雲(島根県)両便のダイヤと運賃を発表した。神戸就航は初めてで、いずれも日本航空と共同運航する。

 来年3月28日までの冬ダイヤで、松本便(1日1往復)は午前9時55分神戸発の松本行きと午後0時20分松本発の神戸行き。

 出雲便(同)は午後2時10分(12月20日以降は午後2時半)神戸発の出雲行きと、午後2時45分(同午後3時55分)出雲発の神戸行き。ただし、出雲大社への参拝客が見込まれる10月27日~12月19日に限り、朝に1往復を追加で飛ばす。

 大人普通運賃は松本便が2万5千円、出雲便が2万1500円~2万2800円。就航記念として出発45日前までに搭乗券を購入すれば、松本便は最安で片道7千円、出雲便は同6500円で搭乗できる。

 神戸市内で会見した三輪徳泰社長は「神戸空港を静岡、名古屋に次ぐ『第3の拠点』にしたい」と強調。神戸-高知便も検討したが、冬ダイヤでは松本、出雲の両便でスタートする。(長尾亮太)