ひょうご経済プラスTOP 経済 7月の兵庫県内倒産、負債総額10カ月連続増

経済

7月の兵庫県内倒産、負債総額10カ月連続増

2019.08.22
  • 印刷

 帝国データバンク神戸支店(神戸市中央区)がまとめた7月の兵庫県内の企業倒産件数(負債額1千万円以上、法的整理のみ)は前年同月比13・8%増の33件だった。負債総額は177・7%増の35億5500万円で、10カ月連続の増加となった。業種別では消費の冷え込みから「サービス」が11件と最多で、「小売業」(8件)、「卸売業」(7件)と続いた。負債額別では5千万円未満の小口倒産が6割を占めた。

 一方、東京商工リサーチ神戸支店(神戸市中央区)がまとめた県内倒産(負債額1千万円以上)は37件、負債総額は41億6800万円だった。