ひょうご経済プラスTOP 経済 神鋼物流、中国で倉庫業 自動車向け線材を管理

経済

神鋼物流、中国で倉庫業 自動車向け線材を管理

2019.08.24
  • 印刷

 神戸製鋼所子会社の神鋼物流(神戸市中央区)は、中国で倉庫業に進出した。現地の日系自動車メーカーに納める特殊鋼用の線材を一括管理し、その他の貨物取り扱いも視野に入れる。

 同社は神鋼グループ製品の陸運、内航海運や倉庫業を手掛ける。中国では、上海の子会社「神鋼国際貨運代理(上海)有限公司」で運輸代理業を担ってきたが、同国で中長期的に自動車需要の伸びが見込まれ、神鋼が現地で増産対応を進めていることに絡み、倉庫業にも事業を広げた。

 同国浙江省の神鋼の現地法人に隣接する倉庫(約4900平方メートル)を借り、同社に納入する線材(月間3500トン)を保管。スマートフォンを活用した管理システムで効率的な入出庫を行う。神鋼物流は国内で多くの物流倉庫を手掛けており、ノウハウを生かして中国でも事業を広げていきたい考えだ。(横田良平)