ひょうご経済プラスTOP 経済 ロゴ「B-THREE」に ストレッチパンツのバリュープランニング

経済

ロゴ「B-THREE」に ストレッチパンツのバリュープランニング

2019.09.12
  • 印刷
デザインを一新した「ビースリー」のロゴマーク(バリュープランニング提供)

デザインを一新した「ビースリー」のロゴマーク(バリュープランニング提供)

 ストレッチパンツ専門店「ビースリー」を展開するバリュープランニング(神戸市中央区)は、ロゴや広告画像を一新してブランド刷新を進める。ブランド誕生から20年がたっており、商品イメージの向上と新規顧客獲得につなげる狙い。(中務庸子)

 つづりを「B3 B-Three」から「B-THREE」に変更。小文字と大文字が混じる表記を、大文字に統一した上でゴシック体にし、商品への思いや性能の高さを表現した。広告画像には外国人モデルを起用し、跳んだり座ったりした動きのあるポーズで、洗練されたデザインに仕上げた。店舗の内装変更と合わせて、来年2月から海外を含む全約230店舗で順次切り替える。

 また一部の店舗は、より上質なサービスを提供する「プレステージショップ」に移行する。すでに東京の2店舗をリニューアルオープンし、今後、高価格商品の取り扱いを充実させる。

 同ブランドは1999年に誕生。自社開発した糸や生地を使い、履き心地がよく、スタイルをよく見せるデザインが人気で、購入客数は延べ300万人に上る。ただ、近年は中心顧客層が50~70歳代と高齢化しており、30~40歳代の顧客の取り込みが課題だった。

 ブランド刷新は昨夏から企画を始め、有名スタイリストや写真家を起用した。同社は「これまでの愛用者も、新しい顧客にも満足してもらえるブランドにしたい」としている。