ひょうご経済プラスTOP 経済 人気のパン、ネットで注文 阪急大阪梅田駅、専用店舗開業へ

経済

人気のパン、ネットで注文 阪急大阪梅田駅、専用店舗開業へ

2019.09.19
  • 印刷
阪急大阪梅田駅にオープンする「とりクロ」の外観イメージ(阪急阪神ホールディングス提供)

阪急大阪梅田駅にオープンする「とりクロ」の外観イメージ(阪急阪神ホールディングス提供)

 阪急阪神ホールディングス(HD)グループは10月から、インターネットで事前に注文したパンなどを駅で受け取れるサービスを始める。阪急大阪梅田駅に専用店舗「TORiCLO(とりクロ)」を開業。兵庫県内をはじめとする人気ベーカリーの商品などを好きな時間に購入し、通勤・通学時にスムーズに受け取ることができる。(三島大一郎)

 同グループが昨年から始めた事業提案制度で生まれた取り組みの一環。駅利用者に「新しい便利」を提供しようと、従業員が発案した。取り寄せた商品をホテルのクロークのように預かって渡すため、この名を付けた。

 テークアウト商品の事前注文や決済ができるスマートフォンアプリ「Picks(ピックス)」を活用。画面上で地域名に「大阪梅田」と入力し、店舗「TORiCLO」を選ぶ。商品を選択後、受け取り日時を指定して決済。付与された注文番号を店舗で提示すれば、商品を受け取れる仕組みだ。

 来月1~30日に注文できるのは兵庫や大阪などのベーカリーやジャム専門店12店の商品の予定。食パン本舗 加古川総本店(加古川市)の食パン▽bakery点心 本店(尼崎市)の食パン▽神戸小麦庵(三木市)の食パン▽プレミアムクロワッサン専門店「三」(大阪市)のクロワッサンなどがある。

 受取日3日前の午前中までに注文する。店舗や商品は順次変更する予定。スイーツや総菜を取り扱うことも検討している。一部商品は店頭でも販売する。

 店舗は同駅2階の中央改札外に開設する。正午~午後9時。原則年中無休。問い合わせは9月25日以降、同店TEL080・2485・7707