ひょうご経済プラスTOP 経済 NTTドコモ、5Gの試験運用開始 大阪で催し

経済

NTTドコモ、5Gの試験運用開始 大阪で催し

2019.09.20
  • 印刷
NTTドコモが準備した5Gプレサービス対応端末=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

NTTドコモが準備した5Gプレサービス対応端末=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

NTTドコモが準備した5Gプレサービス対応端末。複数視点でリアルタイムに試合を楽しめる=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

NTTドコモが準備した5Gプレサービス対応端末。複数視点でリアルタイムに試合を楽しめる=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

NTTドコモが準備した5Gプレサービス対応端末。画面のライブ出演者に触れると、映像演出に反映される=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

NTTドコモが準備した5Gプレサービス対応端末。画面のライブ出演者に触れると、映像演出に反映される=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

NTTドコモが展示したマンホール型基地局=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

NTTドコモが展示したマンホール型基地局=大阪市北区梅田1、梅田DTタワー

 NTTドコモは20日、第5世代(5G)移動通信システムの試験運用(プレサービス)を始めた。関西では、ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会会場のノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)や、ドコモショップグランフロント大阪店(大阪市)など4施設に5Gの基地局を整備。来春の商用サービス開始を予定する。

 この日、NTTドコモ関西支社が大阪市でプレサービス開始のセレモニーを開いた。会場には、スマートフォンなど5G対応端末4種類を展示。複数の場所から撮影したラグビーの試合やコンサートの映像などを遅延なくリアルタイムに楽しめるサービスを実演した。車の窓ガラスに設置できるアンテナや、マンホール型の基地局なども並べた。

 高原幸一関西支社長は、ノエビアスタジアムでは事前に招待した顧客に限り端末を貸し出し、体験してもらう考えを示した。プレサービス中には、建設現場で使われるタワークレーンを5G回線で遠隔操作するなどの実証実験を行う計画という。高原支社長は、空港や主要駅、大型商業施設などを念頭に「需要に応じて基地局を建てていく」と語った。(大島光貴)