ひょうご経済プラスTOP 経済 店内飲食は10%だけど 自己申告で適用うやむや?

経済

店内飲食は10%だけど 自己申告で適用うやむや?

2019.10.01
  • 印刷
スーパー内にあるイートインコーナー。増税後の混乱も予想される=神戸市中央区雲井通6、ダイエー神戸三宮店

スーパー内にあるイートインコーナー。増税後の混乱も予想される=神戸市中央区雲井通6、ダイエー神戸三宮店

 10月1日午前0時、消費税率が10%に引き上げられた。増税後に混乱が予想されるのが、スーパーやコンビニでの店内飲食への対応だ。弁当や総菜を持ち帰ると8%、店内で食べると10%。兵庫県内では客にいちいち尋ねることをせず、「自己申告制」を取る店が目立つ。消費者の「性善説」に立つ形だが、標準税率10%の適用がうやむやになる恐れがある。

 店内に100席以上のイートインコーナーがあるJR三ノ宮駅前のダイエー神戸三宮店。1日以降、消費者から見えやすい場所数カ所に、「店内で飲食料品を食べる場合、会計時にお申し出ください」と書いたポスターなどを掲示する。

 生活協同組合コープこうべ(神戸市東灘区)、イオンリテール(千葉市)も「客の申告制」という。コープの担当者は「全員に確認すれば相当な手間がかかるし、それ以外に方法がない」。仮に客が何も言わず8%で購入し、その商品を店内で食べているところを見つけても「店側から指摘することは難しい」と漏らす。

 あるスーパーの関係者は「イートインを利用する全ての客が10%を申し出るとは思えない。増税後、さまざまな課題が出てくるのではないか」と案じる。

 国税庁はスーパーやコンビニのイートインスペースでの飲食について、店側へ申告するよう求める張り紙などを掲示すれば、会計時に全ての客に質問する必要はないとしている。

 また、客が8%で購入した商品を店内で食べても罰則はない。大阪国税局は「消費者には制度の趣旨を理解してもらうしかない」としている。(三島大一郎)