ひょうご経済プラスTOP 経済 そごう西神店閉店 従業員は動揺「速報で知った」

経済

そごう西神店閉店 従業員は動揺「速報で知った」

2019.10.10
  • 印刷
来年8月末で閉鎖するそごう西神店。地下鉄西神中央駅と直結し、地元住民らに愛されてきた=10日夕、神戸市西区糀台5

来年8月末で閉鎖するそごう西神店。地下鉄西神中央駅と直結し、地元住民らに愛されてきた=10日夕、神戸市西区糀台5

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 そごう西神店(神戸市西区)の閉鎖方針が発表された10日、ビルを保有する神戸市の担当者は「急な知らせに驚いている」と困惑し、来店客は「便利だったのに」と落胆した。まちづくりへの影響を懸念する声も聞かれた。

 市に一報がもたらされたのは同日午後だった。そごう・西武の社員が、市交通局と外郭団体をそれぞれ訪れ、じかに伝えたという。交通局の担当者は「受け止めのコメントを用意できていない」という慌てぶり。

 同店が立地する市営地下鉄西神中央駅の周辺で、市は、図書館を備えた文化ホールや区庁舎の建設計画を進める。別の職員は「リノベーションによって、まち全体の魅力を引き上げようとしている矢先。中核施設のそごうには残ってほしかった」と肩を落とした。

 利用者にも驚きが広がった。同市西区の主婦(55)は「慶事など、ちょっとした贈答品を買うとき、よく使っていたのに。店が無くなると、まちのイメージが変わってしまいそう」と心配した。同店で働いたことがあるという30代の自営業女性は「以前から閉鎖のうわさは絶えなかったが、地元に愛されている百貨店なので悲しい」と話した。

 従業員は対応に苦慮した。テナントの一つに勤務する同市須磨区の50代女性は「(速報で知った)お客さまから問い合わせがあったが、詳しくは分からない」とした。テナントの関係者によると、セブン&アイ・ホールディングスは同日午後に閉鎖方針を発表したが、そごう・西武側から「詳細は後日説明する」と伝えられただけという。この関係者は「今後が不安で動揺する同僚も多い。店の事務所もどこか暗く感じた」と硬い表情だった。(内田尚典、横田良平、長尾亮太、中村有沙)