ひょうご経済プラスTOP 経済 イニエスタが菊正宗アンバサダーに CM出演も

経済

イニエスタが菊正宗アンバサダーに CM出演も

2019.10.28
  • 印刷
菊正宗酒造の嘉納治郎右衛門社長(左)と、同社アンバサダーに就任したアンドレス・イニエスタ選手=神戸市中央区中山手通5

菊正宗酒造の嘉納治郎右衛門社長(左)と、同社アンバサダーに就任したアンドレス・イニエスタ選手=神戸市中央区中山手通5

 菊正宗酒造(神戸市東灘区)は28日、サッカーJリーグ1部ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ選手とアンバサダー契約を締結したと発表した。同社のCMやウェブ動画に出演する。同日、神戸市内で記者発表会を開き、イニエスタ選手と元サッカー女子日本代表澤穂希さんとのトークセッションも実施した。

 同社は今年、創業360周年を迎え、新たなスローガン「灘から世界へ」を打ち出した。イニエスタ選手は神戸の縁と日本の伝統文化に関心があり、酒にも精通していることからアンバサダー就任をオファーしたという。

 この日は、嘉納治郎右衛門社長が今後のビジョンや事業戦略を発表。「世界のNADAへ、私たちが先頭を走るという思いを込めた」とし、「美容と健康」分野に力を入れることを明かした。新CMなども披露し、「イニエスタ選手はファン層が幅広い。若い人が日本酒を知るきっかけになれば」と話した。

 同選手と澤さんとのトークセッションでは、料理のおいしさや美しい景色といった神戸の魅力や、ワールドカップの出場経験などを語り合った。(中村有沙)