ひょうご経済プラスTOP 経済 TOYOTIRE タイヤ販売減、業績下方修正 12月期

経済

TOYOTIRE タイヤ販売減、業績下方修正 12月期

2019.11.09
  • 印刷

 TOYOTIRE(兵庫県伊丹市)は8日、2019年12月期連結決算の純利益が8月予想比9・2%減の217億円にとどまりそうだと発表した。

 対ユーロの円高を背景に欧州で市販用タイヤの販売が伸び悩むほか、新車用タイヤでは東南アジアで前期の増税に伴う駆け込み需要の反動減が発生。日本国内では採用車種の一部で販売が減少しており、業績を押し下げるとみている。