ひょうご経済プラスTOP 経済 住友ゴムが低燃費新タイヤ発表 摩耗などの性能低下半減

経済

住友ゴムが低燃費新タイヤ発表 摩耗などの性能低下半減

2019.11.20
  • 印刷
住友ゴム工業が開催した乗用車用の新タイヤ「エナセーブ ネクスト3」の技術説明会=東京都千代田区

住友ゴム工業が開催した乗用車用の新タイヤ「エナセーブ ネクスト3」の技術説明会=東京都千代田区

 タイヤ大手の住友ゴム工業(神戸市中央区)は12月1日、ダンロップブランドの低燃費タイヤの旗艦製品「エナセーブ ネクスト3」を発売する。開発を進める次世代技術「スマートタイヤコンセプト」の第1弾製品で、切れても自らつながる性質を持つ水素添加ポリマーをゴム材料に初採用。摩耗や経年劣化による性能の低下を半減させた。

 20日、東京都内で開いた技術説明会で、担当者が詳細を解説した。

 同コンセプトは、車の自動運転化などへの対応と環境性能を盛り込んだ開発目標。性能の長期維持▽路面状況の感知によるタイヤ特性の自動変化▽リサイクルしやすい▽劣化の予測-などを掲げる。全技術を投入した製品を、2020年代に完成させたい考えだ。

 今回は、濡れた路面でのグリップ性能の低下を半減させ、品質の長期維持を実現。バイオマス素材のセルロースナノファイバーを世界で初めてタイヤに用い、環境性能を高めた。技術開発には兵庫県佐用町にある大型放射光施設スプリング8などを活用したという。

 上坂憲市材料企画部長は「次の技術も評価段階まで来ている」と明かした。サイズは幅195ミリのみ。希望小売価格は2万5100円(税別)。

(西井由比子)