ひょうご経済プラスTOP 経済 10月の有効求人倍率 兵庫は前月から微減

経済

10月の有効求人倍率 兵庫は前月から微減

2019.11.29
  • 印刷
神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 兵庫労働局が29日発表した10月の兵庫県内の有効求人倍率(季節調整値)は1・4倍と、前月比で0・01ポイント下がった。下降は3カ月ぶり。基調判断は「着実に改善が進んでいる」を据え置いた。

 新規求職者数は、前年同月比9・7%減の1万6074人だった。

 新規求人数は9・2%減の3万7631人。産業別は、製造が20・4%、サービスが18・1%、運輸・郵便が32%それぞれ減った。県内の地域別は神戸など全7カ所で減った。正社員の有効求人倍率は、0・02ポイント改善して0・99倍となった。

 近畿の府県別の有効求人倍率は、滋賀1・28倍、京都1・55倍、大阪1・78倍、奈良1・42倍、和歌山1・37倍。(佐伯竜一)