ひょうご経済プラスTOP 経済 旧ナガサワ食品のNF管理が特別清算 負債総額は30億円

経済

旧ナガサワ食品のNF管理が特別清算 負債総額は30億円

2020.01.25
  • 印刷

 外食チェーンのナガサワ食品(兵庫県明石市)の前身、NF管理(加古川市)が、神戸地裁から特別清算の開始命令を受けたことが24日分かった。決定は9日付。帝国データバンク神戸支店によると、負債総額は約30億円。

 NF管理(旧ナガサワ食品)は1951年創業。レストランを中心にゲームセンターなど多様な業態を展開し、98年4月期には売上高約64億7400万円を計上した。その後、出店に伴う経費負担などが増加。他社との競合も激しくなり、2017年4月期に2億9500万円の赤字となっていた。事業継続のため、19年3月にスポンサーの出資を受け、受け皿会社として新たに同名の「ナガサワ食品」を設立。5月に吸収分割して全事業を同社に移し、旧ナガサワ食品はNF管理に商号を変更して負債を引き継いでいた。新ナガサワ食品は事業を継続する。