ひょうご経済プラスTOP 経済 中小企業を追加支援 新型コロナ対策で兵庫県、神戸市

経済

中小企業を追加支援 新型コロナ対策で兵庫県、神戸市

2020.03.11
  • 印刷

 兵庫県と神戸市は10日、新型コロナウイルス感染症の拡大で影響を受けた中小企業を支援するため、制度融資の内容を拡充すると発表した。借金返済が集中する年度末の資金繰りを支えるためで、16日から各金融機関で申し込みを受け付ける。

 制度融資の「経営活性化資金」と「借換等貸付」で新型コロナウイルス対策枠を創設した。ともに最近1カ月の売上高が前年同期比5%以上減った事業者が対象。

 新規貸し付け・保証の審査期間が短い経営活性化資金では、運転資金の貸付限度額を3千万円から5千万円に拡充。既存借り入れの返済負担を軽減する「借換等貸付」は年利1・5%を0・7%にし、貸付限度額を1億円から2億8千万円に広げる。いずれも6月の融資実行分まで適用する。

 県と神戸市は新型コロナ関連の中小企業支援で、別の制度融資「経営円滑化貸付」を既に拡充している。(森 信弘)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス