ひょうご経済プラスTOP 経済 芦屋のモンテメールが新装 34店が新規出店、13日オープン

経済

芦屋のモンテメールが新装 34店が新規出店、13日オープン

2020.03.12
  • 印刷
大規模改装を終え、13日に開業するモンテメール=芦屋市船戸町1

大規模改装を終え、13日に開業するモンテメール=芦屋市船戸町1

 兵庫県のJR芦屋駅直結の商業施設「モンテメール」が、13日に改装オープンする。大丸芦屋店を含む本館・西館の全47店のうち約7割が新規出店。11日、報道関係者向けの内覧会があった。

 モンテメールは1980年に開業し、98年に西館がオープン。施設の老朽化が進んだため、初の大規模改装を実施した。

 これまでは50代以上の女性を主要顧客に据えたが、30~40代を中心とした近隣居住者や駅利用者にも拡大。カフェや生活雑貨、ファッションなど計34店が新規出店で、大丸芦屋店も地階の食品売り場をはじめ全館をリニューアルした。

 一部の通路は「川沿いの遊歩道」をイメージし、ゆっくり歩いて買い物が楽しめるよう曲線に。飲食フロアを駅コンコース直結の3階と、4階に移して利便性を高めた。閉鎖していた屋上には催しなどに利用できるテラスも設けた。

 運営する神戸SC開発(神戸市東灘区)は「まちのブランドを意識しながら普段使いしやすい施設に刷新した。気軽に立ち寄ってもらえれば」と話した。(三島大一郎)