ひょうご経済プラスTOP 経済 新型コロナの影響受けた企業をサポート みなと銀に専用チーム

経済

新型コロナの影響受けた企業をサポート みなと銀に専用チーム

2020.03.23
  • 印刷
みなと銀行本店=神戸市中央区三宮町2

みなと銀行本店=神戸市中央区三宮町2

 みなと銀行(神戸市中央区)は23日、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた取引先をサポートする「地元企業応援チーム」を本部に設置した。融資相談や販路開拓担当など5人で構成し、課題解決のスピード化を目指す。

 同行は2月、出張所と住宅ローンなどの相談拠点を除く全営業店に新型コロナ関連の支援窓口を開設。最近は資金繰りなどの相談が日に数十件寄せられている。支援融資の利用も出始めているという。

 これまで、相談を受けた店舗スタッフはそれぞれ本部の担当を探して連絡していたが、専用チームを設けて一括対応する。必要に応じてチームのメンバーが取引先に出向くなど、より効率的に運用する。

 チーム事務局は本部の営業統括部に置く。同部は「中小取引先の間で終息が見えず不安という声が広がっており、ワンストップで対応を急ぐ」と話している。

 グループ行の関西みらい銀行(大阪市)も本部に同様のチームを設ける。(佐伯竜一)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス