ひょうご経済プラスTOP 経済 バイオやIT、スポーツ分野で助成 G-7名誉会長が財団設立

経済

バイオやIT、スポーツ分野で助成 G-7名誉会長が財団設立

2020.04.16
  • 印刷
奨学財団を設立したG-7ホールディングスの木下守名誉会長=神戸市須磨区弥栄台5

奨学財団を設立したG-7ホールディングスの木下守名誉会長=神戸市須磨区弥栄台5

 カー用品販売の「オートバックス」などをフランチャイズ展開するG-7ホールディングス(HD、神戸市須磨区)の創業者、木下守名誉会長(77)がこのほど、公益財団法人「G-7奨学財団」を設立した。人材の育成が目的で、新たなビジネスや技術開発、スポーツ分野で活躍が期待される若者らを支援する。

 同財団は昨年6月に一般財団法人として設立したが、今年4月、内閣府から公益認定を受けた。木下名誉会長が個人で所有するG-7HDの株約183万株を同財団に寄贈し、年間配当約8千万円を毎年の助成金にする。