ひょうご経済プラスTOP 経済 ハーバーランドのumie 時間短縮で営業再開

経済

ハーバーランドのumie 時間短縮で営業再開

2020.05.20
  • 印刷
営業再開した店舗を見て歩く買い物客ら=20日午前、神戸市中央区東川崎町1、神戸ハーバーランドumieモザイク(撮影・後藤亮平)

営業再開した店舗を見て歩く買い物客ら=20日午前、神戸市中央区東川崎町1、神戸ハーバーランドumieモザイク(撮影・後藤亮平)

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う休業要請の緩和を受け、神戸ハーバーランドの商業施設「umie(ウミエ)」は20日、全面営業を再開した。ただ、当面は感染対策として兵庫県外からの来店は控えてもらうよう呼び掛けるなど、様子見の再開となった。

 ウミエは政府の緊急事態宣言を受け、4月8日からスーパーのイオンスタイルなどを除き休業していた。営業再開は全店舗の約8割で、残りの入居店も順次再開していく。営業時間は当面の間、午前11時から午後7時とし、通常よりも短縮する。「モザイク」は飲食店のみ午後8時までとする。

 この日は開店前から、久々の買い物を楽しもうと、多くの家族連れらが列をつくった。神戸市中央区の男性(71)は「(兵庫県内の)新規感染者はゼロが続いており、再開するには良い時期。感染予防はしっかりして(施設内を)見て回りたい」と話した。

 モザイクに隣接する「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」は5月31日まで臨時休館する。営業再開日は改めて検討し、公表する。

 一方、神戸三田プレミアム・アウトレットやエキマルシェ宝塚、プレンティ(西神中央)は21日から、さんちかは25日から営業を再開することを明らかにしている。(三島大一郎、中村有沙、中務庸子)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス