ひょうご経済プラスTOP 経済 FDA 神戸発着の青森、松本線、12日から運行再開

経済

FDA 神戸発着の青森、松本線、12日から運行再開

2020.06.01
  • 印刷
神戸空港=2016年11月撮影

神戸空港=2016年11月撮影

 新興航空会社のフジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)は1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、運休していた神戸空港発着の青森線と松本線を12日から再開すると発表した。コロナ禍を受けて縮小している神戸発着便で、運休路線の再開は初めて。

 青森、松本の各線は緊急事態宣言が全都道府県で出されたことで4月末から運休。その後、同宣言が5月25日に全国で解除され、航空需要の回復が見込まれることなどから、再開を決めた。

 受付時の検温や機内の消毒、空気循環などを徹底する。出雲線と高知線の運休は継続する。

 FDAは、神戸空港の運用規制緩和を受けて2019年10月に新規就航。高知線を1日4便(2往復)、青森、出雲、松本線を各1日2便(1往復)運航している。(横田良平)